化けの皮が剥がれても既に遅しの婚約時代

婚約して結婚式が確定してしまうと、化けの皮がどんどんと剥がれてきます。

そうするとマリッジブルーにハマってしまうわけですね。

でも、結婚するとお知らせをして披露宴に招待しておきながらキャンセルを知らせるなんて赤っ恥です。

そんな恥を晒すくらいなら、少しぐらいのことは目を瞑って結婚しちゃおうと考えがち。

結局、まだまだラブラブな期間ですから少し経てば仲直りはするものの、「本当に結婚生活は大丈夫なのかな?」と心配になってしまう。

それが婚約期間です。

つまり、婚約期間を耐えしのげれば、その後もまずまず大丈夫でしょうというイメージ。

「あの時、恥を忍んで別れていれば・・・」なんて後悔をしないように。

婚約期間こそが相手の本性を見抜き、将来を見定める大切な期間なのです。
花嫁 手紙

2018年2月14日 化けの皮が剥がれても既に遅しの婚約時代 はコメントを受け付けていません。 未分類