アトピーと遺伝について

アトピー皮膚炎の中には先天性のアトピーになっているという人もいます。

先天性のアトピー皮膚炎というのは遺伝子的に親がアトピーになっているもしくはアトピーになりやすい遺伝子を持っているために、その子供がアトピーになって生まれてくるというものです。

また親が特定の食べ物などのアレルギーを持っている場合にはその食べ物などが原因となるアトピーになっている場合があります。

もし先天性のアトピーの場合であれば、親の肌の状態やアレルギーを聞いておくことで発症する可能性を少なくすることができますし、皮膚科でしっかりと検査をしておけば治療方法も見つかるので、先天性のアトピーでもしっかりと対処をしていくことが大切になってきます。

2014年10月9日 アトピーと遺伝について はコメントを受け付けていません。 未分類